苦手な仕事のコミュニケーション能力を改善するある1つのコツ

苦手な仕事のコミュニケーション能力を改善するある1つのコツ

 

元々一人で過ごすのが好きな内向的なタイプで、
友達も多くなく雑談や世間話が苦手だと、
仕事上のコミュニケーションも上手くとれませんよね。

 

コミュニケーションが苦手なぼっちタイプ

 

ただ、プライベートでは人と話さなくても良くても、
仕事であれば上司や同僚・お客様と、
世間話や雑談から打ち解けていき、
スムーズに仕事をこなしていかなければいけません。

 

 

営業職や記者のような仕事だと
より多くの人とかかわることになるので
人見知りだから、なんてことは言ってられないですしね。

 

 

コミュニケーション能力不足と評価されたり、
意思疎通が取れずに仕事で失敗するのも嫌だと思います。

 

 

とはいえ、コミュニケーションが苦手だと、
どう能力を高めていったらいいかもわからないのも現実。

 

 

でも大丈夫です。
コミュニケーション能力はある1つのコツを意識するだけで
一気に改善・克服することができます!

 

 

そのマル秘テクをご紹介します。

 

 

 

 

仕事上のコミュニケーション能力を劇的に改善する思考法とは?

 

実はコミュニケーション能力は、
たった1つ考え方を変えるだけで劇的にアップします。

 

 

その考え方とは、

 

”相手に興味を持つ”

 

ということです。

 

 

 

相手があなたに話を合わせてくれることはほぼない

 

コミュニケーションが苦手で世間話や雑談ができない人は、
自分の興味がある話でないと
会話ができないし続けられない傾向にあります。

 

 

すなわち、相手があなたに合わせて会話をしてくれないと
コミュニケーションが成り立たない状態だということです。
これは
「相手が自分に合わせてくれないとダメ」
と言っているようなものです。

 

 

でも残念ながら仕事上では
かなり偉くならない限り、
相手から合わせてくれるなんてことはありません。
むしろこちらから合わせにいかないといけないことの方が多いです。

 

 

なので、まずは、
相手が自分に話を合わせてくれるだろうという期待は捨てましょう。

 

 

 

 

相手に興味を持ち雑談の中から質問するだけで会話は続く

 

「相手に会話を合わせてもらおうとは思っていない。」

 

そう考えている人もいると思います。

 

 

でも、雑談や世間話が全然続かない。
そのせいで会社や取引先の雰囲気から浮いてしまう。
これは相手に興味を持っていないからです。

 

 

世間話や雑談の中でも相手に興味を持っていれば、
質問したり、話を振ったりする内容が思いつくので、
そこから話を広げていけば困ることはほとんどないからです。

 

商談中の会話がスムーズ

 

例えば、仕事の同僚と会話するとすれば、

 

同僚「週末は天気が良かったのに、急に雨かよ〜」
あなた「ですね〜。週末は何かしてたんですか?」
同僚「天気が良かったからゴルフに行ってきたんだよ!」
あなた「だから日焼けしてるんですね(笑)もしかして接待ですか?」
同僚「そうそう、部長と一緒でさ〜」
あなた「休日にお疲れ様です(笑)部長の機嫌は良かったですか?」
同僚「調子よかったみたいで、ずっと笑顔だったよ。」
あなた「良かったですね!ところで○○の案件なんですが・・・」

 

って感じで雑談から仕事の話に持っていけばいいです。
雑談の中であなたがやっていることは、

 

  • 相手の言葉へのリアクション(ですね!とか、○○ですね!とか)
  • 会話に対して興味を持って質問をする

 

の2つしかやっていません。
でも、これだけで会話が続いてしまうのです。
相手に興味を持っていれば質問はいくらでも思いつきます。

 

 

もう一つ具体例を挙げてみましょう。
今度は取引先との会話をイメージしてみます。

 

あなた「こんにちは!いつもお世話になっております!」
取引先「こちらこそいつもお世話様です。」
あなた「今日はあいにくの雨ですね。雨だと外回りも大変ですよね」
取引先「そうですね。ジメジメして外には出たくないですし。」
あなた「商品を運んだりするともうビショビショですもんね(笑)」
取引先「ホントそう!そんな日くらい配送休みたいよ。」
あなた「でも、雨の日の方が御社の商品は売れますよね?(笑)」
取引先「そうなんだよね(笑)だいたい○○%くらい伸びるかな。」
あなた「それは凄いですね!で、御社の利益をもっと伸ばすには…」

 

なんて話をすれば、
雑談の流れから取引先の売れ行きの雰囲気まで聞けた上に、
本題の仕事の話に入っていけます。

 

 

これぐらいスムーズに会話が進んだらいいですよね。

 

 

でもやっていることは単純で、
取引先の担当さんや商品に興味を持って、
雑談(上記の例で言えば天気)と絡めて質問しているだけです。

 

 

いくつか質問していけば、
勝手に話が広がっていくので
後は自然に会話を続けていけば問題ありません。

 

 

これを数日でも繰り返していけば、
後は勝手に仲良くなって自然に会話ができるはずです。

 

 

ただ、相手に興味を持って質問すると言っても、
会話の流れと関係ない質問を連続で投げかけられると、
相手からすると訊問されているように感じるので気をつけましょう。

 

 

あくまで、相手から出てきた言葉に対して、
質問を繰り返していくのが自然なコミュニケーションです。

 

 

仕事の同僚に興味はないと思うかもしれませんが、
そうやって自分にブロックを作り続けていては進歩しません。
まずは無理にでも興味を持ってみることが大切です。

 

 

 

 

友達とは自然と会話できるのに仕事ではできない理由。

 

友達とは普通に会話して盛り上げれるのに
仕事上のコミュニケーションは苦手というタイプもいます。

 

「普通に会話できるのに何で?どうしたらいいのだろう?」

 

と悩んでいる人もいるかもしれません。

 

 

この場合も解決策は同じく

 

”相手に興味を持つ”

 

事です。

 

同僚が仲良し

 

というのも、友達と自然に会話できるのは
友達に対して興味を持っていて、

 

「昨日何してたの?」
「そのバッグどこで買ったの?」
「彼氏(彼女)できた?」

 

と、自然に質問をしていて、
その回答やリアクションで
コミュニケーションが成り立っているからです。

 

 

なので、仕事上の相手に対しても、
同じように興味を持って接すればいいだけです。

 

 

さすがに初対面から
友達と同じレベルのなれなれしい質問はダメですよ(笑)

 

 

 

 

 

まとめ

 

相手に興味を持つという意識を持つだけで、
仕事上のコミュニケーションは一気に改善します。

 

 

最初はちょっと無理矢理興味を持つ感じでもいいです。
やっていくうちに自然と打ち解けあっていくので
コミュニケーションをとるのがドンドン簡単になっていきます。

 

 

まずは試してみてください。

 

 

もし、コミュニケーションを改善しても、
なかなか周囲となじめなかったり、
仲間外れにされる雰囲気があるなら、
すぐに転職して環境を変えることをオススメします。

 

 

環境を変えた上で上記のコミュニケーション術を実践すれば、
失敗せずに働きやすい環境を手に入れることができるはずです。

 

 

 

 

>>>今の仕事好きですか?現役転職エージェントが語る幸福な仕事発見法TOPへ戻る

転職成功者がオススメする転職サイトベスト3

【BIZREACH(ビズリーチ)】
BIZREACH

管理人のコメント
『知らないと損する転職成功の秘密』がビズリーチならわかる!

私がビズリーチを一番にオススメする理由は、転職による『年収アップ』『仕事のやりがいを取り戻す』の2つを手に入れやすいと感じたから。

幹部クラス/厳選非公開の求人が多数のハイクラス向け転職サイトは【登録無料】敏腕ヘッドハンターに会えたり、幹部からの直接スカウトされたり出来る高年収会員制登録サイトです。

是非、管理職の求人, 年収1,000万以上の求人, 役員の求人, 海外事業の求人を手に入れてください!

キャリコネ転職サービス

【@type】 『転職力診断テスト』
転職力診断

関連ページ

どの職場でも仕事の人間関係が円滑に上手くいく方法
どの職場でも仕事の人間関係が円滑に上手くいく方法があります。このノウハウを実践すれば、仕事上の人間関係を改善し、円滑なコミュニケーションでストレスが少ない日々を過ごせること間違いなしでしょう。